INTERACT FORUM

Please login or register.

Login with username, password and session length
Advanced search  
Pages: [1]   Go Down

Author Topic: MC29 WIN10 21H2で動作しました(長文)  (Read 1722 times)

fumio

  • Recent member
  • *
  • Posts: 39
MC29 WIN10 21H2で動作しました(長文)
« on: March 13, 2022, 06:28:24 pm »

皆さんこんにちは fumioです

4月にダウンロード可能になる予定でしたが、JRiverからダウンロード可能のメールが来ました。
先ほど MC29 バージョン29.0.19 64bit版をダウンロードして動作しました。
見たところ異常動作は見つかりません。
音質は私には判断できません。

MC28がインストールされているところに追加インストールしました。
ライブラリは引き継がれていて、スキンなども28と同じように再現できていました。

DSPの設定や使用デバイスも以前の通りになっています。

使用環境
ASUS H87pro  メモリ24GB
システム SSD500GB データ SSD1TB
そのほかビデオやバックアップ用にHDD複数搭載
Windows10 pro 64bit 21H2
ビルド 19044.1586

以下に29についてのフォーラム書き込みの機械翻訳を引用します。
長文なので、不要な方は読み飛ばしてください。

---以下機械翻訳引用---

 JRiver Media Center 29.0.19forWindows-こちらから入手可能
« on: 2022年3月10日07:47:55am»
これはJRiverMediaCenter29の新しいビルドです。ここにバグを投稿してください。議論が必要なものについては、新しいスレッドを開始してください。バグ以外の投稿は削除されます。

64ビットビルドをダウンロード
https://files.jriver.com/mediacenter/channels/v29/latest/MediaCenter290019-x64.exe(64ビットシステムでのみ動作) 32

ビットビルドをダウンロード
https://files.jriver.com /mediacenter/channels/v29/latest/MediaCenter290019.exe(すべてのシステムで動作)

29.0.19(3/9/2022)

1.変更:サイドカーインデックスファイルを含むIPTV録画は、常にJRiverVideoPlayerで再生されます。
2.2。 NEW:ビデオ設定に 「最大字幕解像度」オプションを追加しました。
3.修正済み:7ステージと8ステージのバイクアッドが正しく機能していませんでした。
4.変更:オーディオパスで排他的に再生するときに、WASAPIがそれ自体をWASAPI排他として報告するようになりました。
5. 新機能:インデックス付きのHLS IPTV録画の名前を変更/移動/コピー/削除すると、インデックスファイルの名前も名前が変更/移動/コピー/削除されます。

29.0.18(3/8/2022)

1. 新機能:HLS IPTVチャンネルのTV録画には、サイドカーインデックスファイルが保存されます、特に不連続性が関係している場合に、そのようなファイルの再生をよりスムーズにするため。これは、JRビデオプレーヤーでのみサポートされています(DirectShowエンジンではサポートされていません)。
2.変更:トーンマッピング、ディザリング、およびさまざまなパフォーマンス、安定性、互換性の修正を改善するために、JRVRのlibplaceboを更新しました。
3.変更:「色域処理」JRVR設定を移動および言い換えて、SDRにも使用されることをより適切に反映し、新しいデフォルト設定を追加しました。
4.変更:JRVRに一連のTrade Quality for Performanceオプションを導入して、フレームバッファーのビット深度を制限し、非常にローエンドのシステムでフレームバッファーの使用を完全に無効にしました(特に推奨されません)。
5.変更:MCWSによって返されるEditTypeとDataTypeは変換されなくなりました。

29.0.17(3/7/2022)

1.変更:EdgeWebViewを最新バージョンに更新しました。
2. 新機能:パフォーマンスを大幅に向上させるために、JRVR用に再設計されたASS/SSA字幕レンダラー。
3.修正済み:オールパスフィルターのレイアウトが正しくありませんでした。
4.修正済み:カ​​スタムバイクアッドのファイル名を変更しても、フィルターがリロードされませんでした。
5. 新機能:最大8ステージのバイクアッドフィルターをロードできます(上限は4)。
6.変更:minidspバイクアッドをロードするときにa1とa2の符号が反転するようになりました(仕様による)。
7.変更:MCWSライブラリ/フィールドにDisplayNameを追加しました。
8. 新機能:Ctrl-RはJRVRパフォーマンスメトリックをリセットします。

29.0.16(3/4/2022)

1.修正済み:前回のビルドでバイクアッドフィルターとディバイダーフィルターが交換される可能性がありました。

29.0.15(3/3/2022)

1. 新機能:パラメトリックイコライザーでのカスタムバイクアッドファイル(minidsp形式)のサポートが追加されました。
2. 新機能:オールパスフィルターで使用されるQを設定する機能が追加されました。
3.変更:IPTV(HLS)再生でのタイムスタンプの不連続性の処理が改善されました。これで、再生とシークの両方が不連続にシームレスに機能します。
4. 新機能:(選択をグループ化する代わりに)DSPStudio >出力フォーマットで追加のチャンネル数を選択する機能が追加されました。
5.変更:ギリシャ語の翻訳を更新しました( Panagiotisに感謝)。

29.0.14(3/1/2022)

1.変更:スロバキア語の翻訳が更新されました( Peter Lukacに感謝)。
2.変更: VSTバッファーサイズオプションをゾーン固有ではなくグローバルにしたため、DLNAゾーンでの動作が向上しました。
3. 新機能:JRVRでの回転ビデオの再生のサポート。
4.変更:LAVフィルターを0.76.1に更新し、Intel GPU上のJRVRのハードウェアアクセラレーションの問題を修正し、DVDメニューとJRVRの統合を改善しました。

29.0.13(2/24/2022)

1. 新機能:カバーアートを取得するモードは、実行と使用の間に保存されます。
2. 新機能:Ctrl + Shift+MでDVDまたはBlurayメニューが表示されます。
3.修正済み:JTV録画が、間違ったビデオサイズ(1280x720としてタグ付けされた1920x1080 HDビデオ)および/または間違ったフレームレート(59.94としてタグ付けされた29.97ビデオ)でインポートされる可能性がありました。

29.0.12(2/18/2022)

1.修正済み:複数のDSPプロファイルを再生すると、元のプロファイルではなく以前のプロファイルが復元されていました。
2.2。 NEW:オーディオコンバーターのレイテンシーと入力からオーディオパスにデータが聞こえるまでのレイテンシーを追加しました。

29.0.11(2/17/2022)

1.修正済み:すべてのデータがダウンロードされた後にシークが実行されると、VOD(ビデオオンデマンド)をストリーミングするIPTVチャネルがハングすることがありました。
2.修正済み:IPTVの再生を求めると、ビデオが数秒間途切れる可能性がありました。
3.修正済み:Webビューでショートカットを翻訳するためのフォーカスのチェックが正しく機能していませんでした。
4.変更:文字列を貼り付けても、末尾のスペースが削除されなくなりました。
5.変更:大きな式を開くと、ライブラリフィールドの管理のサイズが正しくなくなりました。
6.6。 NEW:ファイルのDSPプロファイルがロードされると、現在の構成がロード前に保存され、次のトラックの開始時に復元されます。
7.修正済み:最初に大きな式を選択してシアタービューファイル情報パネルを編集すると、サイズが無効になります。
8.変更:ミキサーに5.1内部チャネルレイアウトをさらにいくつか追加しました(10、12、14、16チャネルコンテナー内)。
9.修正:ウィンドウ位置の配置のリセットにいくつかの不足している項目を追加しました。

29.0.10(2/15/2022)

1.変更:式エディターの式関数のツールチップを改良して、よりユーザーフレンドリーで翻訳しやすいものにしました。
2.変更:JRVRのビットマップ字幕が元の解像度でレンダリングされ、JRVRによってサイズ変更されます(より高速に!)。
3.変更:Webビューのショートカットを変換しないコードは、フォーカスがない限りWebビューがアクティブであるとは見なしません。
4.修正済み:UHDBDのHDR字幕とメニューがJRVRで適切にトーンマップされるようになりました。
5.変更:ローパスフィルターとハイパスフィルターのQを調整して、2の平方根で多重化するようにしました(MCを他のツールとより一致させるため)。
6.変更:サブウーファーリミッターは、信号を制限していない場合はロスレスです(以前は音量を調整できました)。
7.変更:ファイルにアーティストのリストがある場合、最初のアーティストを使用して、そのアルバムがミックスであるかどうかとアルバムアーティスト(自動)の値が決定されます。
8.変更:IPTVの1秒あたりのバイト数の見積もりが改善され、特にネットワークの状態が悪い場合のタイムスタンプと期間の見積もりが改善されました。
9.変更:JRVRを使用したテキスト字幕は、存在する場合、より一貫して黒いバーを使用して表示されます。
10.修正済み:AllPassフィルターが正しく機能していませんでした。
11.変更:チェコ語の翻訳を更新しました(JanBoháčに感謝します!)。

29.0.9(2/10/2022)

1.修正済み:JRVRの字幕は、逆方向にシークした後に機能しなくなることがありました。
2.変更:JRVRの字幕は、レンダリングを高速化するために、フレーム全体ではなく、小さな長方形で処理されるようになりました。

29.0.8(2/9/2022)

1.変更:中国語(簡体字)言語ファイルを更新しました(YanJun Sunに感謝)。
2.変更:スペースバーでツリーが拡大および縮小しなくなりました(スペースバーが代わりに再生/一時停止します)。
3.修正済み:MCWS呼び出しの再生/プレイリストがリモートゾーンで機能しませんでした。
4.変更:内部でJRVRが字幕を処理する方法が変更されました。
5.修正済み:無効なHDRメタデータを含むファイルを処理する場合、JRVRはより寛容になります。
6.修正済み:パススルーが有効になっているHLGまたはDV HDRコンテンツを再生するときに、JRVRがOSHDRモードを切り替えない。

29.0.7(2/8/2022)

1.修正済み:ミニビューでは垂直方向のサイズ変更が可能でしたが、そうではありませんでした。
2.修正済み:Windows以外のライブラリサーバーにクライアントとして接続されているときにWindowsMCDLNAレンダラーで再生できない。
3. 新機能:コンボリューションDSPに「リロード」ボタンを追加しました。
4.変更:Vis Studioでは、長方形の数値リストにセミコロンが含まれる長方形を編集できるため、どちらの小数点文字(、。)も機能します。
5.変更:DSP Studioでは、プリセット名に空の名前を使用できなくなりました。
6.変更:ハイシェルフフィルターとローシェルフフィルターが「S」ではなく「Q」を使用するようになりました。
7.変更:IPTVサーバーにストリーミングするデータがない場合にハングする可能性が減少しました。
8.変更:IPTVチャネルの起動速度が向上しました。
9.変更:IPTVを再生するときにバッファリングのためにビデオを一時停止する必要がある頻度を減らしました。

29.0.6(2/3/2022)

1. 新機能:パラメトリックイコライザーにオールパスフィルターを追加しました。
2.修正済み:いくつかのダイアログのサイズが正しくない可能性がありました(デバッグログ、オーディオキャリブレーションなど)。
3. 新機能:カテゴリ固有のTV録画パディング(x分早く録画を開始し、x分遅く録画を停止します)。
4.4。 NEW:停止ボタンを中クリックすると、「現在のファイルの後に停止」が発生します。

29.0.5(2/1/2022)

1. 新機能:スキンは、メインフレームの最大化された上下の境界線を指定できます(TopBorderMaximized / BottomBorderMaximized)。

29.0.4(1/29/2022)

1.修正済み:アップグレードインストールにより、古いMediaCenterフォルダーから必要以上にコピーされる可能性がありました。

29.0.3(1/28/2022)

1.修正済み:「タイムシフトフォルダーのクリーンアップ...」を手動または自動で実行すると、JTVの記録が誤って削除されていました。

29.0.2(1/27/2022)

1.変更:ギリシャ語の翻訳を更新( Panagiotisに感謝))。
2. 新機能:スキンはFrame \ Edit \ Colors \ Fadedを指定して、検索ボックスの指示などのフェードカラーを指定できます(デフォルトではテキストと背景のブレンドになります)。
3.変更:無効化されたリストテキストの色が、より多くの場所でスキンの外で使用されています(スキンをチェックする代わりに色を作成することがありました)(List \ Colors \ DisabledText)。
4.修正済み:JRVRで直接不一致のサイズレンダリングを有効にすると、予想よりも境界が大きくなる可能性がありました。
5.変更:パフォーマンスコストと輝度シフトの可能性があるため、デフォルトでJRVRピーク検出を無効にし、オプションを[詳細]セクションに移動しました。
6.修正済み:DSPプリセットのロードと保存に、「ヘッドフォン」DSPプラグインが含まれていませんでした。
7.変更: MC29への新規アップグレード時に、MC28からMC20に戻るライブラリサーバー設定がMC29に転送され、古いバージョンではオフになります(したがって、サーバーはインストール後にのみMC29で起動します)。
8. 新機能:アップグレード時に、ビジュアライゼーションフォルダーがコピーされ、(トラック情報フォルダーだけでなく)カスタム保存されたスクリプトが表示されます。
9.修正済み:ビルド28.0.99以降、一部のDirectShowベースのTV録画がスキップされる場合がありました。
10.変更:ドイツ語の翻訳ファイルを更新しました( Bytestarに感謝)。

29.0.1(1/24/2022)

1.変更:XMLTVファイルにショーの「再実行」ステータスを示す<new>または<previously-shown>タグが含まれていない場合、<date>タグをプログラムの開始日と比較することによって決定されます。
2.修正済み:システム情報を表示すると、Windows11が検出されます。
3. 新機能:タイルリストスタイルが、メディアタイプに基づいてハードコーディングするのではなく、画像のアスペクト比に適応するようになりました。
4.変更:サムネイルは選択ボックスの中央に少し配置されています。
5.修正済み:場合によっては、ゾーンが同じGUIDを持つ可能性があり、ゾーンのリンク(および場合によっては他のゾーンアクション)が不可能になることがありました。
6. 新機能:テンポと(16で上限がありました)。
7.変更: プログラムが理解する データ型のリストにSRT字幕を追加しました。
8.変更:認証コードがないためにMCが SiliconDust EPGデータをロードできなかった場合(HDHomeRunデバイスを検出するための十分な時間がないことが原因である可能性が高い)、通常の30〜60分後ではなく3分後に再試行が試行されます、および1回だけではなく、最大3回の再試行が許可されます。
9.変更:ツールを介してすべての翻訳を実行し、ソースコードから最新の文字列に更新しました。
10. 新機能:TVエンジンおよびDirectShow以外のJRビデオプレーヤーでCtrl-JJRVR機能を有効にしました(Windows、Mac、およびLinuxの場合)。
11. 新機能:ドルビービジョン再生(非パススルー)のJRVRサポート。
12.変更:JRVRHDRトーンマッピングと関連オプションを再設計しました。
13. 新機能:JRVRを使用したDVD再生では、ハードウェアインターレース解除が使用されるようになりました。
14. 新機能:メモリ帯域幅が低いシステムで余分なフレームコピーを回避するためのJRVRパフォーマンスオプションが追加されました。
15. 新機能:JRVRでHLG HDRコンテンツを再生すると、パススルー用にHDR10に変換できるようになりました。
16. 新機能:JRVRは、実行間でシェーダーをキャッシュするようになりました、後続の起動を高速化するため。
17.修正: YouTube予告編の再生を改善して、よりスムーズに再生できるようにしました。
ログに記録されました
マットアッシュランド、JRiverメディアセンター

---機械翻訳引用終了---

以上です。
Logged
Pages: [1]   Go Up